hira

YouTubeでジノバネリのライブ動画を見つけました。曲名はBrother to Brotherdです。コアなAORファンなら知っている有名な曲です。

実は1978年頃の曲かな?38年前か….。最近はアメリカのスタジオミュージシャンの音楽も聴けなくなってきましたね。

ですがやっぱりポップスの最高峰はAORだと思います。2016年の現代の音楽は1978年の作品レベルには追い付いていませんね。ミュージシャンが生き生きと演奏していて、ゴージャス感を感じませんか?

日本の洋楽肌のもっと才能あるミュージシャンはデビューできません。だから裏方のスタジオミュージシャンになって、デビューできたアーティストを助けているのかも…。

だけど日本でデビューできない洋楽肌アーティスト達は、先に海外で人気が出て逆輸入で日本に戻ってくるようになりました。デビューできるようになっただけ、素晴らしい時代です。

邦楽の日本人と洋楽の日本人、同じ日本人アーティストに見えるけど、これはかなり違うんだな…。分けて語らなければいけないのに、邦楽でくくられています。

今売れているアーティストが日本のトップではないのかも。そして日本人はジノバネリやAC/DCを知らない….。世界はもっと素晴らしい音楽を聴いて育っているのにな。

音楽に矛盾のないアメリカ人に生まれたかった。