hira

遠くから通って頂いているボイストレーナーさんの生徒さんがいらっしゃいます。月に1回、西から高速バスでいらっしゃいます。彼の指導しているスクールはもう4校目を出すそうで、「凄いね」と話をしていたのです。

生徒さん

  • Kissも1校出したじゃないですか。

Kiss

  • 無理にだしたんじゃんなくて、本当にやりたいと言ってくれる人がたまたま出ただけ。ありがたいラッキーだよ。
  • 君の学校はどんどん出店しているんだろう?

生徒さん

  • ○○市と○○市と○○にあって、もう1校新しく。

Kiss

  • 教える内容は学校から指導されるの?

生徒さん

  • 基本的には「腹式呼吸と基礎的なことを教えてね、ということはありますが、あとは自由かな。

Kiss

  • 講師は20人ぐらいいるんだっけ?世間には音大出身者がわんさかいるから、ただ雇えばいいのか。

生徒さん

  • 新しい教室ができたのでもう少し人数がいます…。

Kiss

  • なんでそんなに生徒さんが集まるのかな?あ、そう言えばレッスン料が安かったんだよね。それに比べて、Kissは40分¥5000だから高く感じてしまう人もいるのかな?

すると彼はこう言ってくれました。

生徒さん

  • わざわざ遠くからKissを見つけた理由は、ここしかないからです。内容が他とは全然違うから高いとは思いませんよ。安いくらいです。

Kiss

  • そう実は…。嬉しい一言、ありがとう!

 

Kiss Musicには、ボイストレーナーさんが3人通われています。皆さんレッスンの途中でボイストレーナーであることを明かしてくれるのですが、初めから伝えてくれても大丈夫ですよ。ボイストレーナーさんを助ける目的でもありますから。

Kiss Musicはボイストレーング業界に対し反対意見を述べていますが、それはオペラとポップスが正反対だからしょうがないのです。そのオペラとポップスの矛盾で、指導に悩んでいるボイストレーナーさんは多いハズです。

さあー、デビュー支援開始!面白くなってきた。